血液をサラサラにする成分

血液をサラサラにするには、食事やサプリメントから血液をサラサラにする効果のある成分を摂取することが大切です。サラサラ効果のある成分を食事だけで摂取することができれば、それが理想ですが、意識して食事を摂っていてもなかなか難しいものですので、サプリメントを有効活用していくと良いですよ。

血液サラサラ効果のある成分

DHA・EPA

血液をサラサラにする効果のある成分というと、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が代表的です。DHAとEPAは、私たちの体内で生成することができないため、食事等から摂取する必要がある必須脂肪酸です。

DHAとEPAは、イワシやサバといった青魚に豊富に含まれています。厚生労働省は、1日にDHAとEPAを合わせて1,000mg摂取することを推奨していますが、実際のところ、日本人の平均摂取量は、この4割程度と言われており、必要量を食事だけでまかなうことは非常に難しいというのが現実です。

DHAとEPAを配合したサプリメントというのは、たくさんの種類が販売されていますし、当サイトでもおすすめのサプリメントをご紹介していますので、試してみると良いと思います。

DHAの効果

DHAは、一時期頭が良くなる成分として話題になりましたが、ドロドロの血液にも効果的に作用してくれます。DHAには、ドロドロ血液の原因となる中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らして、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす働きを持っています。また、血管をしなやかに保つ作用もありますので、血流を良くする効果があります。

EPAの効果

EPAは、脂質異常症や動脈硬化の薬の成分としても用いられている成分で、血のかたまりである血栓ができにくくする作用があります。また、DHA同様に中性脂肪やLDLコレステロールを減らして、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす効果も期待できます。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼも血液をサラサラにする効果が期待できる成分です。ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ成分に含まれる成分です。納豆にのみ含まれる成分で、他の大豆製品等から摂取することはできませんので、毎日納豆を食べたり、納豆が苦手という方は、「きなり」のようにナットウキナーゼを配合したサプリメントを摂取すると良いですよ。

ナットウキナーゼの効果

ナットウキナーゼにも、ドロドロ血液の原因となるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げる作用があると言われています。そのため、DHA・EPAと同じように脂質異常症や動脈硬化予防に効果的です。また、血栓を溶かしやすくする作用があるため、血流を改善する効果が期待できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ